calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

archives

ウィッグ通販の「AquaDoll」

amazon

楽天市場

オンライン英会話

ラヴィマーナ神戸 デザートバイキング

0
    今日はasmさんから、情報頂いたラヴィマーナ神戸のスイーツバイキングいって来ました。水木金限定 1800円 (2800円が5周年記念でこの値段だそうです)
    12:00〜,13:30〜,15:00〜,16:30〜 80分です。12:00にいって来ました。
     三宮からシャトルバスで25分。結構遠いです。神戸空港からでもかなり距離が有るので、シャトルバスを利用するか車でないと、しんどいです。予約問い合わせは、アネックスパチャとなっていますが、会場は敷地の一番端のビラデグラシアという建物の2階にあります。
     先に支払いを済まして、席に案内されます。6人テーブルが3つ、4人テーブルが4つ。フルーツ3種、パンなどいれて19種。ソフトドリンク6種、コーヒー、ノンアルコールカクテル3種。軽食類は無いです。
     
     味はかなり良い方だと思います。生憎の天気でしたが、海の見えるロケーションで雰囲気もいいです。ひとつだけ難点は、お皿が取りにくいところにあるのと、スプーンとフォークはテーブルの上にあるだけなので同じものをすっと使わないといけないところくらいですね。今の1800円ならCPはいいかなとも思いますが、正規の値段だとこの品揃えならしんどいかもです。




    アリュメットパイ フランスのお菓子だそうです

    とろけるテリーヌドショコラ ほんとにとろけるようで美味しいです。

    スイカ、パイナップル、メロン。フルーツはハイアットのバジリコのほうが美味しいな。

    抹茶シフォン

    シェフの気まぐれタルトだそうです。アメリカンチェリーを使ったものですね。

    スタッフの方がお皿に盛ってくれます。

    かぼちゃのモンブラン、ガトーシチリアン、レアチーズケーキ 全部おいしいですが、特にレアチーズが気に入りました。

    タヒチ産バニラのシュークリーム、カスタードプリン、白桃コンポートヴェルベーヌミントのジュレ、マンゴープリン。プリンは堅めなので僕の好みではないけど、ジュレは滅茶おいしいですね

    オリジナルのパウンドケーキ。フルーツと紅茶ともう一つは定かでない。しっとりのパウンドケーキで美味しいです。左の袋に入ってるのは、ラヴィーマーナで500円で販売してるものだそうです。

    マチェドニアと向こうに見えるのがところてん。手前に黒蜜、三杯酢、抹茶シロップ

    フォカッチャと自家製豆乳パン。トッピングにバジル、オリーブ、トマト、ジャコとオリーブオイル、サーモン、ハムマヨ

    トロピカルフルーツのキャラメリゼ

    バナナとパイナップルのキャラメリゼにアイスクリーム

    非食べ放題の完熟メロンのスープクレームダンジュ メロンのソルベ添え

    スフレパンケーキ 後ろの窯で焼きます。

    メープルシロップをかけて。ホイップクリーム、ジャム、バターが用意されています。スフレパンケーキ味いいです。

    マンゴー、オレンジ、グレープフルーツ、ミルク、紅茶、コーヒー。ホットコーヒーもあります。

    イタリアンソーダと、各種ノンアルコールカクテル



    この建物の2階が会場
     

    コメント
    何時までこの値段か聞こうと思っていたのに、シャトルバスに間に合わせようと焦ったので忘れてしまいました。行かれたら、聞いて下さいf^_^;

    asmさんはご新婚なのですね(^O^)おめでとうごさいます。
    • mamboman
    • 2014/08/09 12:09 AM
    ご訪問されたのですね。
    確かに正規の値段は高すぎですね
    私自身先月こちらで挙式したのですが
    当日は全然食べれなかったので、この値段でのビュッフェはうれしかったです。
    プランナーの方がまた季節によってメニューもかわるし
    パワーアップするかもとおっしゃっていたので期待しています。
    • asm
    • 2014/08/08 9:00 PM
    さっそくご訪問されていたとは、、さすがです(笑)こちら、いつまでこの価格でやっているのでしょうね(*^^*)w
    私も、この価格のうちに訪問してきます\(^^)w
    • m
    • 2014/08/08 7:11 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック