calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

archives

ウィッグ通販の「AquaDoll」

amazon

楽天市場

オンライン英会話

ANAクラウンプラザホテル神戸 ザ・ラウンジ「苺ブッフェ」

1

 ANAクラウンプラザホテル神戸 ザ・ラウンジ「苺ブッフェ」行ってきました。

4/8,9,15 11:00-12:30 13:00-14:30 15:00-16:30(15日は3部なし) 3500円

 

 大人気の苺ブッフェ満席です。今までは苺を使わないケーキも結構出てたのですが、今回は苺尽くし。どれも美味しいものばかり。さすがです。その代わりスタッフの皆さんは大変だったようです。苺は特にフレッシュさが肝心なので朝からしか作れないものがかなりあったとのこと。最初の準備も少し手間取っていたようでした。ですが、食べる方としては、本当に美味しいものをいただけたので、大満足のブッフェでした。

 

 次回は、5/6,7 「フルーツコレクション」 時間値段は同じです。

 

フレジェ

ベリーフルーツのババロアリュバーブタルト リュバーブはフランスの酸味の強い野菜だそうです。そのタルトに苺とラズベリーで作ったムースを重ねてあります。お気に入りです。

苺ショート

苺とトンカ豆のクレムー チョコの筒にトンカ豆のクレムーを絞ってチョコレートをつけた苺をトッピング これが美味しいんです、また。

苺のミルフィーユ

桜苺もち 求肥に桜餡を塗って苺を挟んでます。この桜餡も白あんに桜の香り付をしていて、長細い苺大福といった感じでめちゃウマです。

おおきみ苺タルト おおきみ苺を使ってるのはこのタルトと下のロングエクレアだけだそうです。このタルトの生地もめちゃウマ。

苺とバナナのガトー チョコスポンジに苺のバナナのムース、バナナキャラメリゼ、苺のコンフィチュール、バニラのババロアで作ってるそうです。口に入れた瞬間バナナー!

苺カーディナルシュニッテン

おおきみ苺のロングエクレア ピスタチオのカスタードとおおきみ苺をサンド

苺シフォン

オレンジ紅茶のクリームブリュレ

苺とヘーゼルナッツのマカロン

苺チョコレート

苺パウンドケーキ しっとりしてめちゃウマです

苺とホワイトチョコのムース アーモンドのスポンジに苺シロップとマスカルポーネ、ホワイトチョコのムース これもめちゃ気に入りです。

抹茶の香る桜アンパン 抹茶生地に桜餡を包み込んだアンパンなんですが、ほとんど抹茶感じられず苦手な僕も美味しくいただけました。桜餡がめちゃウマです。ちなみに苺もち二使われていた桜餡とはまた違うそうです。

苺デニッシュ

左フルーツティのババロア苺とラズベリーのクーリ ピスタチオのスポンジにロンネフェルトのソフトピーチを使ったババロアを重ねベリーフルーツのクーリを乗せてます。このババロアがすげーうまい。右 苺とライムのスープ ライムのゼリーに苺のスープをかけてます。ライムのゼリーも酸っぱくて2種類の酸っぱさがなんかめちゃウマです。

柚子とデコポンのソルベ、メロンとヨーグルトのソルベ、紅茶と青リンゴのアイス、ピスタチオとパッションショコラアイス、苺アイス(めちゃウマー)バニラアイス

アイスの横で提供されている苺シェイク

おおきみ(大妃美)苺 一人3個ずつ各テーブルに提供されます。おおきみ苺は高知県の限られた生産者で作られる生産量の少ない希少品種だそうです。また、普通は一株に10-15粒くらいなるのが、おおきみ苺は一株に数粒しかならなくてしかも栽培管理がしっかりしないと生産が難しいそうです。果肉はやや柔らかめ、酸っぱさと甘さ加減がとてもいい苺でした。

こちらはSNSにアップするともらえるスペシャルドリンク。苺ソーダです。美味しいです。ここでは炭酸飲料ないので、さっぱりしていいです。

自分で作るサンドの具材 ドレッシングは、ゴマ、イタリアン、和風(このドレッシングも美味しいのですが前回の山葵ドレッシングがめちゃウマだったので個人的にはあれを復活させて欲しいなと思います)

今回はバケット 横はミネストローネ

プレーンスパゲティのソース 左が和風桜海老ソース 右が洋風カレーチーズソース どちらも美味しい

神戸ポークチャーチューの炒飯

スイートポテトとクリームチーズベーコンのピザとポテトチップス

アップル、グレープフルーツ、オレンジ、アイスティー、ウーロン茶、アイスコーヒー

ホットコーヒーとロンネフェルトの紅茶(レッドベリーズ、レモンスカイ、ダージリン、アッサム、アールグレイ、ルイボスバニラ)ほうじ茶

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック