calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

archives

ウィッグ通販の「AquaDoll」

amazon

楽天市場

オンライン英会話

リーガロイヤルホテル「リモネ」

0
      今日は、夜の時間があったので、リーガロイヤルホテル「リモネ」のディナーブッフェに行ってきました。17:00-22:00で時間制限無しです。2900円(税サ込み)ですが、ドリンクは完全に単品で別料金です。朝と昼はフリードリンクが付くとのことですが、晩はフリードリンクにもなりません。

     料理7種類、ピザ、パン2種類、サラダ(は和風のものも含めて沢山の種類があります)、タパスと呼ばれる小皿料理が7種類、ドレッシングは5種類ですが、ソースが9種類、根菜のミネストローネスープ。デザートはカットケーキ2種にゼリー、アイスクリーム2種類、ジャンボプリン。

     種類はそれほど沢山ないですが、味がとても良いです。今まで行った中でトップだと思います。そして、お料理の素材も味もとても良いですが、デザートは少ないもののカットケーキもゼリーもとても美味しいですし、その中でも絶品なのが2種類のチョップアイス。このアイスクリーム食べに行くだけでもいいかもっていうくらい美味しいです。4回リピートしてしまいました。クセになります。完全にはまりました。このアイスクリーム食べてるだけでもかなりの幸せ感があります。

     それから、パンもすごく美味しいです。大体ブッフェのパンは時間がたってカラカラになることが多いですが、ここのはしっとり。しかも、ジャガイモパンと呼ばれるパンはモチモチでこのパンもリピートしてしまいました。

     席は一杯にはなってはいないですが、(何せ広いですし)それでも平日の夜にしてはかなりの客数だと思います。それに、後から後からお客さんが入ってくるので、料理の回転もいいのだと思います。それ故、常に新鮮な料理が提供されているのでしょうね。人気のほどが伺えます。

     2900円のディナーブッフェはあまり無いので、このクオリティならとてもいいと思います。お料理も美味しいし、スタッフの対応もよくホテル自体にとてもいい氣が流れていました。とても広くて綺麗なレストランです。ランチとディナーでは料理が全部入れ替わるようです。少なくともディナーブッフェでは、僕的にはここは高得点です。久々に食べて幸福感を得られたブッフェでした。

    和風のサラダ類。マテン麺、コールスロー、きのこ三昧、長いも、レンコン、サラダこんにゃく、めかぶ、青パパイヤシュレッド、豆腐、ヤングコーン、ポテトサラダ。長芋やレンコンには味が付いてないとのことで、ドレッシングをとのことだったのですが、和風にドレッシングもと思い、しょうゆを頼むとテーブルまで持って来てくれました。
    は野菜類。
    ドレッシング。オニオン、フレンチ、ハーブ&ペッパー、ゆず、サウザンアイランド。
    ソース類。ゆず胡椒マヨネーズ、バーニャカウダ、ジェノベーゼ、サルサ、粒マスタード、もろみ味噌、マスタード、チョジャン、酢味噌
    バケット、ジャガイモパン
    グラナ・パダーノ
    ポークと水菜の黒ゴマ冷製パスタ。ゴマの風味がとてもおいしい。歯ざわりもとても良いです。
    ロールキャベツのグラタン
    炎のホットチキン
    小エビの菊菜のリゾット。これすごく美味しいです。
    フォアグラプリントリュフソース。全然甘くないプリン。フォアグラとトリュフだから当然か。大人の味です。
    海の幸のクリーム煮。ムール貝、白身魚、海老のクリーム煮です。美味しいです。
    アイリッシュシチュー
    ピッツァマルゲリータ。普通ブッフェのピザはカリカリか、冷えているものが多いのですが、ここのは暖かくて柔らかい。美味しいピザです。
    柑橘風味のしめ鯖
    鴨胸肉のリンゴチャツネソース
    ワカサギの甘酢漬け
    ブルスケッタ。上に乗ってるのは生ハムではなく、たぶんマグロの燻製?
    寒ブリのカルパッチョ
    カマンベールチーズとイベリコチョリン
    金目鯛とポテトのテリーヌ。鯛を少しいぶしているようで、全然魚くささが無く、とても美味しいです。
    キャラメルケーキとフランボワーズ、オレンジのゼリー
    ティラミス風チョップアイスとイチゴのチョップアイス。特にイチゴがめちゃめちゃ美味しい。ホテルブッフェでここまで美味しいアイスを出すところは他にない。
    ジャンボプリン

    コメント
    オリンピアは行ったことはないのですが、阪神阪急系のレストランでは、ホテル阪急インターナショナルのナイト&デイ、ホテル阪神ストリートカフェの2店舗に行ったのですが、どうもあまり氣が良くなかったので、それ以後阪神阪急系列は敬遠しています。また、オリンピアは品数は多いですが、評判がまちまちなので、ほんとに最後行くところがなくなったら行こうかと思っています。

     僕も、ホテルブッフェにはまっています。基本的にあまり高いところは敬遠しているので、クーポンがあったり、一休の安いものを狙ったりしています。その為、僕も独りで行くことが多いですが、特にスイーツ系は最初の頃結構気後れしました(^_^)
    今では、なれましたが。でも、お店やイベントによっては男一人だと入れてくれないものもあり、ちょっと悔しい思いをしています(^_^;)


    • mamboman
    • 2013/02/01 11:23 AM
    ありがとうございます(*^^*)

    そうですね、普通の飲食店よりホテルのレストランの方が《お一人様》でも違和感無いですよね。
    基本的にいつも一人行動なので、ホテルビュッフェにハマッてしまいました♪(*´∇`*)

    ところで、《新阪急ホテル》の《オリンピア》のバイキングは行かれた事ありますか?

    種類だけでいえばNo, 1(?)らしいですが…お味の方はどうなんでしょうね?

    スゴい人気みたいなんで、《落ち着いた雰囲気》という感じよりは程遠いイメージがありますが…_(^^;)ゞ

    • ちょこぱふぇ
    • 2013/02/01 9:28 AM
    女性一人の方もいらっしゃいましたよ。
    ホテルは、一人でも全然大丈夫ですよ。元々女性一人で泊まる人も普通にいますから。基本的に宿泊客用でもありますしね。


    • mamboman
    • 2013/02/01 1:28 AM
     それから、セリーナのランチブッフェは、13:30以降の入店だと、3100円→1550円になる優待クーポンを日航大阪のHPからダウンロードできます。まあ、それも、今回セリーナに行かなかった理由の一つではありますが。

    • mamboman
    • 2013/02/01 1:24 AM
    嬉しい情報ありがとうございます(*^^*)

    《セリーナ》は心斎橋でアクセス抜群ですし、時間帯も14時スタートで、私としては大変嬉しいですね♪♪
    《日航大阪》はまだ行った事ないので、この機会に是非行ってみたいです。

    《共同クーポン》?!
    《一休》会員登録したばかりで、知らない事だらけです(*_*)
    色々調べておきますφ(゜゜)ノ゜

    ところで《ディナー》の客層ってやはり御夫婦やカップル率高いですか?
    女性一人だと浮きませんかね?
    ランチならともかく…_(^^;)ゞ

    • ちょこぱふぇ
    • 2013/02/01 1:19 AM
     セリーナのディナブッフェは4200円です。4255円ではありません。

    • mamboman
    • 2013/02/01 1:05 AM
    実は、ホテル日航大阪のセリーナのディナーブッフェ4255円が、一休で3200円になっていたので予約していたのですが、前に行ったこともあるし、なんとなくセリーナの気分でなかったので、前から行こうと思っていたリモネを見ると2900円となっているのを発見して、急遽こちらにしました。

     こっちにして、正解でした。

    ディナーブッフェも時々お値打ちなのがありますので、一休など見ているといいでよ。特に一休の共同クーポンでお得なものが出る時があります。

     新しい情報としては、2月からホテル日航大阪のロビーラウンジで毎週月火の平日限定14:00-17:00にスイーツブッフェが行われます。2600円 90分制です。これも、今月中に行こうと思っています。ただ、今日のディナーがとても良かったので、暫くはこの幸福感を味わっていたいから、ちょっと間をおくつもりではいますが。

    • mamboman
    • 2013/02/01 12:56 AM
    素敵なディナーでしたね(*^^*)

    一流ホテルのディナーで¥3,000切るってなかなか無いですよね。
    お料理も一つ一つがどれも凝って作られていますねぇ♪
    本当に美味しそう。
    店内の雰囲気もシックで落ち着きがありますね。

    ホテルはランチブッフェしか行った事ないので、<高いから(^_^;)>いつかディナーも行ってみたいもんです(^.^)
    • ちょこぱふぇ
    • 2013/01/31 11:30 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック